オンライン授業実施中!詳しくはお問合せください

44箱目「『アリス』のなぞなぞ」

44箱目「『アリス』のなぞなぞ」

●今回は高校生向け●

「アリス」のなぞなぞ
学而会 英語のおまけ箱 44箱目

英語の「なぞなぞ」で、おそらく世界的に最も有名だろうと言えるものがあります。

しかも、なんと、これには「答えがない」んです。

その「なぞなぞ」というのは、

Why is a raven like a writing-desk ?

というもの。

 ravenイバン〕は、鳥の「カラス」なんですが、普通の「カラス」よりも大きいヤツです。

writing-desk は、書き物をするための「机」で、表面が傾斜していることが多いです。

というわけで「大ガラスは、なぜ机に似ている?」



この「なぞなぞ」は、Alice in Wonderland「不思議の国のアリス」というイギリスの文学作品に登場します。

出版されたのは 1865年で、今だに読まれているというからスゴいですね。

児童文学のジャンルに入れられていますが、全編、英語の言葉遊びに満ちていますので、英語ネイティブでないと読みすすめるのは、なかなか難しいです。

でも、日本を含めて世界中で翻訳されており、大昔、ディズニーがアニメ映画化もしています。

たぶん、映画でも、この「なぞなぞ」は登場していたと思います。

不思議の国に迷いこんだアリスという女の子が、そこで出会った帽子屋から、この「なぞなぞ」を出されます。

アリスは答えを考えようとしますが、帽子屋は次々と別のことを話してくるばかり。

結局、この「なぞなぞ」の答えは、アリスにも読者にも最後まで知らされません。

もともと、この「なぞなぞ」に答えはないんです。

作者の Lewis Carroll(ルイス・キャロル)自身が、そう断言しているのですから間違いありません。

帽子屋は、単に会話のノリで言っただけなんです。

不思議の国は、nonsense(無意味、ばかばかしさ)と狂気の世界ですから。

ところが、本書が初めて出版されたとき、あまりにも多くの人が、キャロルに「あの『なぞなぞ』の答えは何?」と聞いてくるので、かれは困りました。

そこで、これはあとから思いついたことなんですけどねと断りをつけて、二つほど解答を考案、発表しました。

その後も、世界中の「アリス」の研究者やファンが、独自に答えを考えだしてきました。

そして、今はネット社会です。

ネットで検索してみると、これがまた、実に多くの人たちが答えを発表しているんです。

世の中は、モノ好きというか、ヒマな人が何とまあ多いのだろうと、笑ってしまいます。

ただ、どの答えも、英語ネイティブでないと、よくわからないものばかりです。

わたしたちから見ると「なんでコレが答えとして通用するの?」「どこが面白いの?」というものばかり。

「解説をつければ、日本の高校生も何とか理解してくれるかも」と思えるものが二つだけあるので、今度それを紹介します。

というわけで、

To be continued(次回につづく)



●語り手/英語科・鈴田●