オンライン授業実施中!詳しくはお問合せください

31箱目「タンゴを踊るには」

31箱目「タンゴを踊るには」

●今回は中学生向け●

タンゴを踊るには
学而会 英語のおまけ箱 31箱目

学而の中3生のみんなは、形式主語の “it” を用いた文は習得しましたね?

形式主語 “it” を用いた文で、わたしが好きな言い回しがあります。

それは、

It takes two to tango.

というものです。

ここの tango は動詞で「タンゴを踊る」という意味。

タンゴというのは、南米起源の社交ダンスの一種。

もちろん、ここの it は形式主語で to tango を指します。

よって、
「タンゴを踊ることは、二人(two)を 取る(takes)」

「タンゴを踊るには二人必要である」

「タンゴは一人じゃ踊れない」

つまり「一人じゃできないことがある」「双方の協力がなければできないよ」ということを言いたいんです。

また、争いごとが起きている状況で使えば「双方に責任があるよ」「ケンカ両成敗だ」といった意味に取れます。

わたしは、かなり前に、松本道広という人の著作の中で、この言い回しを初めて知りました(氏は、高名な、英語教育界のカリスマ的存在と言える人です)。

この言い回しで注目してほしいのは、使われているすべての単語に〔t〕の音が入っているところ。

声に出してみると、何かこう、リズミカルな感じがあるんですよね。

というわけで、みなさんも、そこを意識して音読してみてください。

♪ It takes two to tango.

●語り手/英語科・鈴田●