オンライン授業実施中!詳しくはお問合せください

47箱目「ゴジラとラドン」

47箱目「ゴジラとラドン」

●今回は中学生向け●

ゴジラとラドン
学而会 英語のおまけ箱 47箱目

日本映画界が生んだ最大のスーパースター、怪獣「ゴジラ」の名は皆、知っていますね。

ゴジラは日本のみならず、アメリカでも人気があります。

ただ、アメリカでは、この怪獣は Gojira〔ゴジラ〕とは言わないんです。

Godzilla と言います。

発音は〔ガッズィーラ〕という感じです。

5年ほど前に、ハリウッドがついにゴジラ映画を製作・公開しました。

タイトルはもちろん、Godzilla です。

この映画に日本人の科学者役で、渡辺謙という俳優が出演しています。

渡辺氏はハリウッド映画の出演が多く、英語は堪能、演技力も絶賛されており、今アメリカで最も知られる日本人俳優と言える人です。

映画の中で渡辺氏は、この怪獣の名だけは、Go-ji-ra 〔ゴ・ジ・ラ〕と、あえて日本語風に発音しました。

〔ガッズィーラ〕とは言いませんでした。

むろん、制作陣からは〔ガッズィーラ〕にしてくれと要請があったようですが、氏は自分の意図を説明し、最終的に納得してもらいました。

日本は、原子爆弾の恐ろしさ、悲惨さを2度に渡って経験した世界唯一の国です。

「ゴジラ」は、原水爆実験が生み出した生物であり、核兵器がもたらす脅威と悲劇の象徴です。

日本語、あるいは日本人にとって「ゴジラ」とは特別なものであり、呼び名を変えるわけにはいかない、といったところなのでしょう。

さて、今年に入って、ハリウッドがゴジラ映画の第2弾を製作・公開しました。

今度は、ラドン、キングギドラ、モスラなど、日本映画が50年以上も前にゴジラと共に生み出した他の怪獣たちも登場します。

ラドンは鳥型の空飛ぶ怪獣ですが、実はアメリカでは Radon〔ラドン〕とは言わないんです。

Rodan ダン〕 なんです。

なぜそうなってしまったかは、「ラドン」の映画が昔アメリカに輸出されたときに、単に誤って伝えられ、そのまま定着してしまった、みたいなことを何かの記事で読んだことがあります。

そして、本作にも、渡辺謙が前作と同じ役で登場します。

今回、映画の中で渡辺氏は、あの鳥型怪獣をどう呼ぶのか。

日本人として「ラドン」で通すのか。

やはり、英語として「ロダン」で行くのか。

わたしは、ちょっとワクワクしながら見に行きました。

結果…、渡辺氏があの鳥型怪獣の名を口にするようなシーンはありませんでした。

故意になのか、偶然になのかはわかりませんが、とにかく避けられていました。

代わって、中国の女性科学者が「あれは『ロダン』よ」と言ってましたが。

●語り手/英語科・鈴田●