オンライン授業実施中!詳しくはお問合せください

37箱目「はァ?」

●今回は中高生向け●

はァ?
学而会 英語のおまけ箱 37箱目

よく、相手がわけのわからない質問をしてきたり、こちらがムカつくような意見や提案を言ってきたとき、「何言ってんだよ」という気持ちで、「はァ?」と言い返しませんか?

こういうときの「はァ?」って、英語に直すとしたら、

Excuse me.

はピッタリだよなあと、わたしは常々思っています。

日本語の「はァ?」を言うときと同じく、「バッカじゃねーの」という気持ちや表情で、語尾を上げて強い口調で言います。

こういうときの Excuse me. は、アメリカ製の映画やテレビドラマを見ていると、かなりよく登場します。

まさに日本語ならば「はァ?」と言うであろう場面で。

基本、excuse というのは、「~を許す、~を大目に見る」という意の動詞です。

中高生が学校で習う Excuse me. は何といっても、見知らぬ人にものをたずねようとする場面ですね。

この後に but … とつづける場合が多いです。

「すみませんが…」「失礼ですが…」という感じです。

Excuse me. を使える場面は、他にもあります。

人の間を通り抜けるときも、 

Excuse me.

と言いながら進めばいいし、席をはずすときも 

Excuse me.

でOKです。

混んでいるバスやエレベーターに乗っていて、英語で「降りまーす」と言いたいとき、「えーと、“降りる” って “get off ” だったっけ?」とか考える前に、

Excuse me.

と声を張って言えば、周りの人は道をあけてくれます。

ついでに言うと、何人かの仲間といっしょに降りる場合なら、

Excuse us.

と言います。

歩いていて人にぶつかったら、

Excuse me.

と言って、謝ればいいです。

トイレに行きたい場合、学校では 

May I go to the bathroom?

なんて習いますけど、ふつう、

Excuse me. 

だけで十分通じます。

皆で食事をしていて、ちょっとためらいがちに 

Excuse me.

といって席をたとうとすれば、トイレに行きたいんだなと誰もが常識でわかるでしょ。

相手の言うことが聞き取れなかったときは、上げ調子で 

Excuse me ?

と言えば「何とおっしゃったんですか」「もう1度言ってください」となります。

このように、

Excuse me. 

は、いろんな場面で使えて便利であり、その意味では、日本語の「どうも」に似ていますね。

ついでに言うと、名詞の excuse というのがあって、これは「言い訳」の意。

大学受験生は必修語です。

学校で先生が生徒に 

No excuse.
「言い訳はダメですよ」

というのは、よく聞くセリフです。

なお、動詞の場合の発音は〔イクスキューズ〕ですが、名詞の「言い訳」の場合は〔イクスキュース〕なので、大学受験生は、これも意識しておくと良いです。

●語り手/英語科・鈴田●