オンライン授業実施中!詳しくはお問合せください

42箱目「意味わかんない」

42箱目「意味わかんない」

●今回は高校生向け●

意味わかんない
学而会 英語のおまけ箱 42箱目

前回41箱目の最後で、

Make sense?

と思わず言ってしまいましたが、この表現は、大学受験生のみなさんは、ぜひ知っておきましょう。

基本、make sense というのは「筋が通る」「意味をなす」「理にかなっている」という意味です。

That makes sense.

「それは理にかなっている、筋が通る」

 日本語で言う「なるほどね」という感じになります。

否定形の don’t (doesn’t) make sense も、よく使われます。

What you say doesn’t make sense.

「きみの言うことは理にかなっていない、筋が通らない」

「きみの言うことは、わけわからないよ、むちゃくちゃだよ」いうことです。

高校の英語授業で、ネイティブの先生が、自分の話を生徒が理解してくれたかどうかを確認したくて、よく、

Make sense?

と言うことがあると思います。

これは、正式には、

Does it make sense (to you) ?

なんです。

「それは、あなたにとって意味をなしますか?」

「わたしの言ったこと、わかりましたか、理解できましたか」ということです。

ふつう、メンドくさいので、

Make sense? 

とだけ言うことが多いです。

Do you understand? 

と同じ意味なわけですが、でも、おそらく、ネイティブの先生は、

Do you understand? 

という言い方は、生徒にはあまりしないと思います。

なぜかというと、

Do you understand?

は、場合によってはストレートすぎるというか、不躾に相手に聞いている感じに聞こえることがあるからです。

というわけで、これから、英語で「意味わかんない」とか言いたいときは、

It doesn’t make sense.

とか、

It makes no sense.

と言ってみましょう。

●語り手/英語科・鈴田●